せどりの意味をネットで検索してみると・・・

せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。

糶取り、競取り、背取り・・・

もとは米を売ること?、競りにかけて売ること?
本を仕入れる時に背表紙を見て判断していたからなど、
いろいろな当て字や語源、解釈がありますが、

現代で普通に使われる意味としては、
「何か物を買い、利益や手数料を上乗せした金額で売ること」
でいいと思います。

ここで私達が
語源や言葉のいわれについて研究しても仕方ないし
あなたもそんなことが知りたい訳ではないですよね?笑

また「転売」との違いについてですが、、

同じです。笑

厳密にはいろいろ言われがありますが、
(この記事を書く時にあらためて調べました)

そこはどうでも良くて、現代において私達がやっている内容、
あなたがやろうかな~と思って調べている内容としては、
全く同じ意味と捉えて問題ないです。

せどり=転売

せどりは良くて、転売は悪いというわけでも
その逆でもなく、

どちらも正しく行えば、もちろん合法ですし
人の役に立つ仕事でもあります。

「せどらー」とか、「転売ヤー」などと少し蔑むような口調で言う人がいたり、
なにか良くないことをしてるイメージを持っている人もいますが、
それは一部のマナーの悪い人達や、悪質な業者がいるせいであって、

せどり、転売そのものが何か悪いというわけではないのです。

どんなに良い職種であっても中には、
悪徳弁護士、やぶ医者、〇〇偽装業者などがいるのと同じですね。

ということで私たちは正々堂々と、
正しいせどりビジネスを行い、がっつり稼いで裕福になりましょう!^^