せどりビジネスをするには売る物と同時に、売る場所が必要になりますよね。

では仕入れた商品を日本国内で売る場合、どこで売るのが一番いいと思いますか?
もちろん「より高く売れるところ」です。

一番高く売ることができるのは、自分で全て運営するようなネットショップです。
好きな値段で売ることができますし、商品の魅力をしっかり伝えて、
他のショップと差別化したり、商品に付加価値を付ければ相当な高値でも売ることが可能です。

ですが実際に売れるようになるまで、ものすごい手間と労力、
また何より知識やノウハウが必要になります。

なぜかと言うと「集客」ができないからです。

ネットショップを作るのは簡単。
BASEなどのショップ作成ツールを使えば、あっという間に開店することができます。
https://thebase.in/

だけど、誰もお客さんがいないところにお店を出しても売れないのと同じように、
ネット上にお店があっても、そこにお客さんを集めることができなければ、
誰も見ないし、何も売れません。

だからこそ、せどりビジネスではヤフオクやAmazon、楽天市場など
すでにお客さんがたくさんいるところで商品を売るのが最も早くて確実なのです。

一番難しくて大変な「集客」は、そういった大手のプラットフォームに任せて、
自分はそこに商品を出品する。

お店を間借りするようなものですから、当然、手数料は必要ですが、
それ以上の価値は十分にあることがわかると思います。

まずは売れる場所を借りて、しっかりと売上げを立て、利益を得られるようになってから
独自のネットショップに挑戦するのがいいでしょう。

では数ある大手プラットフォームの中で、商品を特に高く売ることができるのは?
答えはAmazonです!

必ずすべての商品が高く売れるわけではありません。
売るもののタイプやカテゴリーによってはヤフオクが一番高く売れたり、
メルカリが良かったりということもありますが、

全体的な割合でいえば、やはりAmazonが一番です。

なにより、AmazonにはFBAと呼ばれる、
圧倒的に便利で効率的なサービスが用意されています!
これを使うことで、あなたの利益を一気に飛躍させることが可能です。

FBAの詳細については、次の記事でしっかりお伝えするとして、
ここでは各プラットホームの違いや特徴をカンタンに説明しますね。

※こちらの表はざっくりとしたイメージです。

タイプ 主な年代 主な性別 得意なカテゴリ 手数料
Amazon ショッピングモール 全般 男性 全般 月額利用料4900円(税抜)
販売手数料8~15%
ヤフーショッピング ショッピングモール 全般 男性 全般 月額利用料なし
販売手数料 約7~8%
楽天市場 ショッピングモール 全般 女性 全般 初期費用6万円(税抜)
月額利用料5万円(税抜)
販売手数料 約7~10%
ヤフオク オークション 中高年 男性 アンティーク
プレミア商品
自動車・オートバイ
月額利用料498円(税込)
販売手数料8.64%
モバオク オークション 中高年 男性 アンティーク
プレミア商品
自動車・オートバイ
月額利用料324円(税込)
販売手数料なし
メルカリ フリマ 若年層 女性 ファッション
ビューティー
ヘルスケア
月額利用料なし
販売手数料10%
ラクマ フリマ 若年層 女性 ファッション
ビューティー
ヘルスケア
月額利用料なし
販売手数料3.5%

Amazonはほぼ何にでも対応できるオールマイティな感じですね。

ヤフーショッピングも似ていますが、
こちらは先ほど言ったFBAのようなシステムが無いことと、
ある程度自分で販売ページを作れる知識が必要なこと、

法人もしくは個人事業主でないと出店できないなどの制約がありますので、
将来的にAmazonの次の販路として検討するといったスタンスでいいかと思います。

楽天市場はさらにハードルが上がり、各種手数料も高く、
販売ページの作りこみも必要となります。

ヤフオク、モバオクのオークションサイトでは、その特徴をいかして
値段が競り上がりそうなプレミア商品や限定物の出品に向いています。

また、Amazonでは出品不可能なジャンク品(壊れたものなど)も出品することができますし、
オークションなので1円から出品にすれば、ほぼ確実に期限内に現金化することが可能です。

売れ残った物の処分や、多少利益が減っても早く現金化したい場合などに適しています。

メルカリ、ラクマなどのフリマサイトは、基本的に個人が手軽に売り買いする場所ですので
オークションサイトのように何でも出品できて便利ではありますが、
高額商品や大量出品など、個人ではなく業者と判断される行為をすると
すぐに販売アカウントが停止されてしまいます。

あくまで個人のフリーマーケットという趣旨ですので、
ビジネスに使うにはリスクが高いですね。

【まとめ】
まだ初心者の個人がせどり商品を売る場所はAmazonが最適!なのです。